伝統生地「金襴」とは

「金欄」とは、天正年間 (1573~92)に中国から日本に伝わった。

糸に金箔を巻き付けた金糸や細く切った金箔を織り込み、紋様を表した布地の事を言い、

織物の中でも特に豪華で、黄金色に輝く豪奢な紋様は数ある布地の中でも最高の位に入るものです。

 

 福縒(ふくさ)は使うヒトの幸せを祈りながら縒(撚)られた糸で作る日本の伝統生地である金襴を贅沢に使い、

日々の生活の中でも福を持ち歩いていただきたいという思いをこめて作るバッグ、アクセサリーブランドです。

 

1/4

二重蔓中牡丹金襴

牡丹唐草金襴

横雲金襴

 Kinran was introduced into Japan from China in Tensho era (1573-1592),

which is a textile made by inserting beaten gold and thin strips of gold-covered thread

into the warp of every other row, and is classified as one of the highest qualities among thousands of others. 

 "Fukusa" is the brand launched with a wish for people to carry around "Fuku (福)",

a luck in their daily life made of Kinran that is weaved praying for people's happiness.

 

中村金襴工場ではそんな古代中国から渡来し、日本で独自の発展を築いてきた金襴緞子を後世に伝承し、

現代の生活の中にもっと身近な織物にする事をコンセプトに生地を作っています。

そんな中村金襴工場さんの生地を使い、現代のスタイリングや和の世界を飛び出し、洋装にも合う日本の新しい伝統の形を提案しています。

有限会社 中村金襴工場

​生地協力

金襴は広島の福山で作られ、裏地は東京中央区、縫製は墨田区。

日本の職人たちによって丁寧に一つ一つ作られています。

 

PRODUCTS

商品に関するお問い合わせなどお気軽に御連絡下さいませ。

Contact

FAUST PLANNING 

2017  FAUST PLANNING